スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末ポートフォリオチェック(4/23)

中場三十次です。

毎週金曜日に、ポートフォリオの時価総額をチェックしています。

計測を開始したのが昨年の8月末です。そこで8月末を基準日とし、何パーセント時価総額が増加したかを計測します。

○パフォーマンス
基準日比 +22.52%
前週比  ▲4.63%

○保有投資信託
・ラサール・グローバル・リート(マネックス証券)
・短期豪ドル債券(マネックス証券)
・HSBCブラジルボンド(マネックス証券)
・ワールド・リート(楽天証券)
・DIAMグローバルリート(マネックス証券)
・ダイワグローバルリート(マネックス証券)
・豪ドル建て外貨定期預金、米ドル建て普通預金を少々


・信用取引のポジション:なし。

投資信託の裏付け資産は、海外REIT:豪ドル債:ブラジル債がだいたい、1:0.5:0.5の比率となっています。

楽天証券での投資信託の購入は、楽天スーパーポイントの付与を狙ってのものです。これからも分配金収入から生活費を引いた金額で、買い増ししていく予定です。保有残高に応じて、付与されるポイントも変わってきます。

○今週のトレード

・信用取引のポジションはすべて解消しました。
・エマージングソブリンオープンは売却しました。
・DIAMグローバルリートは解約します。
・ダイワグローバルリートオープンを買い増します。


今週のパフォーマンスが悪いのは、所得税の引き落としと、社会保険料を年払いで支払ったからです。がばっと預金を持っていかれるのは、覚悟していたとはいえ、つらいものがあります。来年度の確定申告では上手に節税をしなくてはなりません。

難しい相場が続いています。日経平均のボラティリティも大きく、相場は上に行くのか下に行くのか、読みにくい相場になってしまいました。

好決算を予想して、決算発表前の銘柄を買いに行くことはしないことにしていますので、しばらくなにもできません。
REITは上がっています。大型株が相場をけん引する時期は終わり、小型株や、REITに資金が向かっているのでしょう。

日本コマーシャル投資法人とユナイテッドアーバンは、日コマにとって酷い合併比率となりました。買わなくて良かったです。

相場全体では、私の予想では下だと思いますが、はっきりと言えない状況です。強気材料は企業収益の改善、弱気材料は、ギリシャ問題をはじめとする欧州要因、高値圏にあること、金融規制改革、中国、ブラジルなど新興国の利上げ懸念ですが、それに加えて、また政治状況も材料視されつつあるのではないかとも感じています。

とにかく、わからない時は手を出さないのが一番です。キャッシュポジションがあまりない状況での信用取引になりますので、いざという時の損切りもできません。

現状では強気材料より弱気材料のほうが多いと考えていますが、織り込み済みだとは思いますが企業の好業績を市場が評価したら、また上にいくこともあるかもしれません。

投資信託については、DIAMグローバルリートは、手数料と単価が安いのはいいのですが、利回りが良くないので、解約することにしました。ダイワグローバルリートは、手数料はやや高めですが、利回りがいいのでこちらに乗り換えます。裏付け資産が同じ海外不動産リートなので、同じリスクファクターならば利回りの高いほうを選ぶことにしました。多分、DIAMのほうが、より手堅い銘柄を組み入れているのでしょう。

エマージングソブリンオープンは悪いファンドだと思いませんが、今は利回り重視で海外不動産の比率を高めようと思います。

○来週の相場観

来週も様子見です。基本的には相場は下だと思っています。ゴールデンウイーク前のポジション解消の動きもでてくるでしょう。

ランキングは今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

お読みいただきましてありがとうございました。

週末ポートフォリオチェック(4/16)

中場三十次です。

毎週金曜日に、ポートフォリオの時価総額をチェックしています。

計測を開始したのが昨年の8月末です。そこで8月末を基準日とし、何パーセント時価総額が増加したかを計測します。

○パフォーマンス
基準日比 +27.15%
前週比  +2.69%

○保有投資信託
・ラサール・グローバル・リート(マネックス証券)
・短期豪ドル債券(マネックス証券)
・HSBCブラジルボンド(マネックス証券)
・ワールド・リート(楽天証券)
・DIAMグローバルリート(マネックス証券)

それと、豪ドル建て外貨定期預金、米ドル建て普通預金を少々
信用取引で、タクトホーム、セントラル硝子、日経ETFを保有。

投資信託の裏付け資産は、海外REIT:豪ドル債:ブラジル債がだいたい、1:0.5:0.5の比率となっています。
まだ約定はしていませんが、信用取引の利益でエマージングソブリンオープンと大和ワールドリートを買っています。

楽天証券での投資信託の購入は、楽天スーパーポイントの付与を狙ってのものです。これからも分配金収入から生活費を引いた金額で、買い増ししていく予定です。保有残高に応じて、付与されるポイントも変わってきますので。

それと、信用取引で得た利益は、少しマネックスでほかの投資信託を買いますことにしました。次なる下落相場に備え、担保としての価値を増すためです。分散させているのは、ポートフォリオの安定性を増すためです。

○来週の相場観

アメリカの決算発表が本格化します。消費財関連企業の決算に注目ですね。
それが終わると、日本企業の決算がはじまり、ひといきついたところでGWとなります。

昨年はGW中は、ニューヨークダウの株があげっぱなしだったので日経平均は連休明けは大幅上昇となりました。今年はどうなるのでしょうか?

私は、留学までの待機期間でひと稼ぎという感覚なので、出発前に、信用取引のポジションは手じまってから出発と思っているのですが、相場が好調のようなら、出発するのも惜しい感じがしますね。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


週末ポートフォリオチェックと来週の相場観(4/9)

毎週金曜日に、ポートフォリオの時価総額をチェックしています。

計測を開始したのが昨年の8月末です。そこで8月末を基準日とし、何パーセント時価総額が増加したかを計測します。

本日時点で+24.46%となりました。
3月中旬から今週にかけて、鋭角的に増加率が上昇しましたが、相場環境に助けられました。

来週への相場材料ですが、

・決算発表がアメリカで本格化すること。
・ギリシアほか、南欧諸国の財政問題
・日経平均の過熱感。
・人民元の動向

日本株は、週末にかけて調整しましたが、先週から今週にかけて、非常に強く、過熱感の日柄調整というところでしょう。来週はアメリカ企業の決算をにらみながらの動きで、基本的には小動きだと思います。ただし、5月に向けて基本的には上昇基調でしょう。

リスクファクターは相変わらずのギリシアなどの動向です。

ひとつ大きな要因となるであろう事柄ですが、その影響が読めないのが人民元の動向です。どうやら切り上げに向けた動きになるのではないだろうかと思うのですが。

人民元切り上げとなれば、まずアメリカの輸出産業にはプラスになるでしょう。アメリカ国内の雇用問題も多少解決する要因になるのではないでしょうか。

アメリカがよくなれば、日本にも好影響だと思います。中国向け輸出が増加する要因になるので、この面でもプラスに働くのではないでしょうか?

というわけで、人民元の切り上げは、日米双方にプラスに働くとは思うのですが、一筋縄ではいかないでしょう。中国にとって人民元高は、輸出競争力の減少になるとともに大量に保有している米国債の評価減ということになります。アメリカ国債の最大の買い手である中国が、評価損を嫌って、米国債を売却する。ということになれば、巨額の債務に苦しむアメリカにとっても怖いシナリオではあります。

来週から再来週にかけ、人民元相場のゆくえが、大きな要因になるような気がします。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。