スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末ポートフォリオチェック(5/8)

中場三十次です。

毎週金曜日に、ポートフォリオの時価総額をチェックしています。

計測を開始したのが昨年の8月末です。そこで8月末を基準日とし、何パーセント時価総額が増加したかを計測します。

○パフォーマンス
基準日比 +19.87%
前週比  ▲4.94%

○保有投資信託
・ラサール・グローバル・リート(マネックス証券)
・短期豪ドル債券(マネックス証券)
・HSBCブラジルボンド(マネックス証券)
・ダイワグローバルリート(マネックス証券)
・ワールド・リート(楽天証券)
・フィディリティUSリート為替ヘッジなし(楽天証券)

・米ドル建て普通預金を少々
・信用取引のポジション:日経225ETF

投資信託の裏付け資産は、海外REIT:豪ドル債:ブラジル債がだいたい、1:0.5:0.5の比率となっています。

マネックス証券で投資信託を保有している理由は、場合によっては、信用取引の担保として利用するためです。毎月分配型投資信託で、分配金受け取りであれば、代用有価証券として利用できます。これは楽天証券ではできないことで、チャンスの時に、機動的に信用取引が使えるという大きなメリットがあります。

楽天証券での投資信託の購入は、楽天スーパーポイントの付与を狙ってのものです。これからも分配金収入から生活費を引いた金額で、買い増ししていく予定です。保有残高に応じて、付与されるポイントも変わってきます。

○今週のトレード

 GW明けは、ギリシャ問題が私のポートフォリオを直撃しました。円高のため、為替リスクヘッジなしの投資信託中心のポートフォリオは5%近い評価減となりました。
 日経平均ETFをちょっと買ってみました。

 保有している投資信託のパフォーマンスをみると、ブラジルボンドは非常にボラティリティが大きいという印象があります。REITのほうがボラティリティが小さいくらいです。これはちょっと意外でした。

 私のポートフォリオの弱点なのですが、キャッシュポジションが薄いためにこういうときに買いに行けないのが、弱いところです。少しキャッシュの割合を高める運用にしていこうと考えています。


○相場見通し

 ちょっと相場の先が見えません。さまざまなニュースを見ていると、日経平均10000円説や9500円説がでていますがこの程度でおさまるかどうか。ヘッジファンドの決算対策売りという側面もあり、ギリシャは口実に使われている感もあります。
 一方、アメリカの雇用統計をみると、アメリカの景気回復は着実にすすんでいるようです。
 来週は、日経平均9500円が下値と思って、無理に買い増しにはいかないことにします。


ランキングは今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。