スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副収入で生活できるようになるまで(1)

副収入確保の手段として、株式投資をやりはじめ、いろいろと研究しました。基本的な戦略は株式投資でキャピタルゲインを得て、その利益で不動産に投資し、キャピタルゲインをインカムゲインに変えていくという戦略です。

株式投資は、まずバリュー株投資という手法からはじめました。財務諸表からPER、PBRなどの指標を算出し、割安株を買い、長期保有する。という方法です。

相場状況にも助けられ、儲かりましたが、満足なキャピタルゲインを得るまでに時間がかかったり、業績の修正があったりと、必ずしも有効な方法ではないな。とも感じはじめました。

今は、バリュー株投資&長期保有という手法は、少なくとも日本株については有効ではないと思っています。この手法が有効なのは、長期的に日本が成長するという確信がもてれば有効でしょうが、私にはそうは思えませんので。日本株については、上げ下げで値ざやを稼ぐトレーディングの対象でしかないと思っています。

次に、テクニカル分析の方法を勉強しました。ダブルトップ、ダブルボトム、出来高、信用倍率などの知識を得て、投資手法に応用してみました。

私の経験では、チャート分析だけで投資をするのは危険だと思いますが、ある程度、チャートの見方は知っておいたほうがいいと思います。チャートだけで売買する人もいるので、相場の方向性というのはなんとなくわかります。

いろいろと勉強、経験を積み重ね、テクニカルとファンダメンタルの知識のうえに、各種情報から相場観を形成し、それに基づいて売買しています。基本的には長期でもつつもりで、短期で満足できる利益がのったら(5%くらい)利食うという手法です。これは暗黙知の領域であり、たとえば本を出版して形式知として伝えろといわれても私にはできません。

順張り、逆張りどちらもやりますが、どちらかというと逆張りが好きです。

もっとも重視する経済主体は、FRB、次に日銀です。相場環境には、金融相場と業績相場があるかと思いますが、現在は金融相場。すなわち個別企業の業績よりも金融政策が相場を左右する環境だと考えていますので、中央銀行に逆らうことは相場での失敗を意味すると考えています。

経験や知識の積み重ねとともに、利益を積み重ねることができましたが、転換点は2008年、リーマンショックの年でした。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。