スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークションビジネスは厳しい

ヤフオクも引き続きやってみようと思いますが、競争は激しいし、落札率が6%台なので、下手に仕入れたら、在庫ばかりかかえることになるので、あまり気乗りがしないという思いがあり、まだ日本人にとって競合が少ないだろうということからebayをビジネスの主戦場にできないかと考えて研究しています。

ところが、ebayの落札結果を見ると、こんなんで利益でているの?というような値段で出品されています。為替の影響が最も大きいのでしょうが、本当に薄利です。100円台の利益で商売しているのでしょうか。仕入ルートがあるのかもしれませんが。

例えば、新品のGショックを空売りで売っているセラーをよく見かけます。ビジネスの仕組みは、アマゾンなどで写真だけ借りてきて出品し、売れたら価格コムで調べて最安値の店で仕入れるということをやっているのだと思います。そうでないと1000個以上も出品できるわけがない。在庫リスクがないので仕組みとしては優れていると思いますが、現状の為替レートや、高い手数料を考えるとペイしているのだろうかと不思議になります。1個当たりの利益も1000円とか2000円くらいでしょう。

海外販売にかかるリスクを考えると、厳しい世界だなあとつくづく思います。

私のように、株や金融商品の取引を副業でやってきたことからすると、1000円、2000円なんて手数料という感覚です。株で儲かる時は10万円単位ですから、物販の世界は薄利だなあと感じざるを得ません。このギャップに苦しみそうです。

とはいえ、ebayを見ていると、売れ筋はだいたいわかりますので、経験の蓄積が利益にむすびつきそうとは思います。株も経験が大事ですが、最終的には運の要素も大きいです。一方、オークションのほうは運の要素は株よりは小さそうではあります。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。