スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年の運用成績を振り返って


確定申告の準備のために、今日はマネックス証券から取引データをダウンロードして、集計作業を始めました。

1年間の運用成績をチェックすると、昨年は大体110万円ほどの利益でした。

去年は3月中旬から4月にかけて、REITを信用取引で買い、4月の中旬に売却することで儲かった利益でしたが、その後のギリシアショック時の下げ始めのところでブラジルETFを買ったのが含み損となり、結局損切りするはめになったのでそれ以来株はやめました。

個人的には去年は中央銀行にだまされた1年という感じでした。

3月の日銀の金融緩和時にはうまく買って儲かったのですが、その後の金融緩和時の買い出動のときにはことごとくだまされ、10月のQE2前の絶好の買い場の時に買いにいけなかったのが大きく悔やまれるところです。

4月の1ドル95円台の時は、欲張らずに投信も利益を確定しておけばよかったと悔やんでいます。いっとき、含み益が300万円近くありました。

ゴールデンウイーク前に売っておき、ギリシャショックで世界中悲鳴を上げている時に買っておけばと悔やまれるところです。

あのときは、ついに日本国債の財政懸念から世界が円売りに向かったのかと考えていたのですが、その後の円高は意外でした。日本国債のCDSや、長期金利から日本国債の信用リスクを考えなければなかったのですがそれをしなかったのが利益を逃した原因です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。