スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産疎開2


日本国債デフォルトという事態になったときの対応策を考えておきたいと思います。

海外口座を開いて、資産疎開をするのは現実的ではないのですが、来年、突然、国債引き受けが未達になるとか、国債先物が大きく売られるとか、いよいよ、国債デフォルトが現実的になる兆候があらわれたときに、どういうアクションをとるのが現実的なのかを考えてみます。

まず、今保有している投資信託は為替ヘッジなしなので、円安になれば理論的には含み益ということになりますが、いったんは解約して全力で金のETF(SPDR)を購入します。商品ETFなんかもいいでしょう。

銀行や保険株の空売りも面白そうですし、マネックス証券でもCFDができるので、日本国債先物の売りという方法もあります。

いったんバブルがはじけると、あっという間でしょうから、投資方法を間違えなければ大儲けできるかもしれません。

ジレンマなのは円でいくら大儲けしても、おそらく円安になっているでしょうから、外貨に換えた時に外貨建では目減りしてしまっていることでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。