スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲から考える自己分析

今後の身の振り方を引き続きいろいろと考えています。

今日は自己分析をちょっとやってみました。考える軸は「欲」です。どんな仕事をするにせよ、お金を稼ぐためには、自分はどうなりたい、どうしたいのか、そして、そのためにはどうするのかということを考えなくてはなりません。

自分はどうなりたいのか、ということを考えるときに、それは私がもつ「欲」を分析することだろうと考えました。何をするにしろ、人はこだわりがないと成功しませんし、そのこだわりの部分を分析することです。

お金を稼ぐためには、人や組織の欲を満たす活動に従事して対価を得るか、投機で稼ぐかどちらかしかありません。自分の「欲」がわからないと、他人の「欲」もわからず、その「欲」にこたえられるわけがありません。

まず、「欲」を洗い出します。金欲、性欲、食欲、物欲、自由欲、名誉欲、知識欲、人間関係欲、権力欲、安全欲
を私がもつ欲の要素として挙げました。

その結果、自由、金、知識、安全に関する欲が強く、つぎに食欲、名誉欲、やや弱い欲望が人間関係欲、もっとも弱いのが物欲と権力欲です。

これをやっただけで、どういうようなお金を稼ぐ手段がいいかわかってきました。

あらためて、私は組織人向きではないなあと思いました。権力欲は人を支配したいとか、人のうえに立ちたいというような定義をした欲ですが、これがないと、組織人として大成しないでしょう。他人に好かれたいとか、積極的に人間関係を構築したいというような欲が弱いことも組織人的にマイナスです。

物欲が弱いことは、物品販売には不向きでしょう。私は機能と価格を重視し、デザインなどはどうでもいいタイプです。要するにモノにこだわりがないタイプです。

もっとも強い欲は自由欲です。私は人の束縛を嫌い、人間関係にはつきものの、私が理不尽と思われることでとやかく言われることがなによりも嫌いなのです。

金欲も強いですが、これは自由を得るためのツールという意味合いで、またあればあるほど安心という、安全についての欲求を満たすという意味合いでもあります。

知識欲も強いです。私の支出項目はといえば、本や新聞など情報にもっともお金を使ってきました。

そして、安全欲。リスクを見極めてあぶなそうだったらやめます。臆病なのです。

自由、金、知識、安全。この欲望にあった仕事がいいということでしょう。

この方向でできそうな仕事を考えることにします。自営業やトレーダーも含めて。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。