スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IELTSを受験して

IELTSを受験してきました。

過去の問題集などを見て、どのような問題がでるかくらいは把握していましたが、ほとんど対策はせずに受験してみました。今の素の力を把握するためです。

英語力をはかるという意味ではTOEICよりも優れていると思います。スピーキングもライティングもあるのでアウトプットが測れますから。ネックは値段が高いことでしょうか。

私の住んでいる街の会場で受験者全体で100人くらいでした。

ヒアリング

やはりイギリス英語の発音は特徴的だなあという感じでした。それと集中力をきらしてしまう悪いくせがでてしまったのと、問題が終わるところを勘違いしてしまったことが悔やまれます。空欄穴埋めの問題と選択式の問題があるのですが、空欄穴埋めのほうが簡単で選択式のほうが難しく思えました。

リーディング

絶滅しかかった花に関する問題、チンパンジーと人間の相違点に関する問題、人が同時にあることをこなすのは難しいということに関する問題の3つでしたが、とにかく時間がありませんでした。むしろ文章を読まずに、問題を見てそれからといたほうがよかったかもしれません。内容も自然科学に関する問題で、あまり興味がない私にはわかりにくいものでした。また、最近リーディングをやっていなかったので、こころなしか読むスピードも遅かったことも影響しているかと

ライティング

棒グラフ説明問題と区画整理はすべきか否かについて論じる問題。これも時間がたりない。作文は普段から練習していないと難しいと思いました。2問目は制限字数にいったかどうかあやしいところです

スピーキング

自己紹介と最近見た映画の話しと23、一般的な質問に応答するという問題、途中とちったり、何を言っているのかわからないところがありましたが、自分のできる範囲で応答できたかと。

結果は9月の上旬だそうです。まあ、素の自分の力がでましたので、あんなものかと思いました。

次回はちょっと考えるところがありますので、受けるかどうかは決めかねています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。