スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなかいい英会話の本を発見


中場三十次です。

英会話を身につけるためには、瞬間的に日本語→英語がでてくる能力、人によっては瞬間英作文というそうですが、これを身につけなければならないと思っています。

いろいろやっているのですが、結局、自分にあっているのは、すぐに日本語→英語となるような使いこなせる文法、語法を増やしていくこと、そのためには短文や表現をできるだけ覚えることだと思っていたのですが、なかなかこれという本が見つかりませんでした。

なんというか、見たことがないような表現がたくさんでてくる本とか、自分が知らない表現がたくさんでてくるとやる気が下がって、覚えようという気になかなかならないのです。

ところが、今日も本屋でいろいろと探しているうちに、なかなかいい本を見つけました。

この本は今まで勉強してきた英語の延長で作られている表現が多く掲載され、例文も3000以上の短文であり、しかもCDが4枚ついています。さらに、初めに日本語のナレーション、次に英語のナレーションという順番なので、日本語のナレーションのときに英語を考え、次に流れる英語で表現があっていたかどうかを確認する、あるいはしゃべってみるということができます。まさに瞬間英作文能力を高められます。もう少し、解説が充実しているといいのですが、そこは今まで培ってきた文法力、ボキャブラリーで補うことにします。

しかも値段も1900円とお手頃です。

しばらくはこの本を集中的にやることで、瞬間英作文能力を鍛えようと思います。

英会話パーフェクト辞典

英会話パーフェクト辞典

価格:1,995円(税込、送料別)





スポンサーサイト

コメント

No title

久しぶりにコメントします。

昔、TOEICで満点をマジで狙っている人に聞いた話ですが、
その人は日本語で思考するのではなく、
英語でまず思考して、
それを日本語に直して会話をするようにしているそうです。
実際ノートもメモもすべて英語で書いていました。
それを見ながら日本語で話をするのです。
なので、会話していると、一泊テンポがずれるんですよ。
その間に英語⇒日本語にしてるんだそうです。
夢も英語で見るそうです(^^)。

しかし、その人に仕事が出来ると言う評判があったかというと・・・

No title

コメントありがとうございます。
英語を勉強しているのは仕事もさることながら、最近フィリピン移住に関心をもってます。フィリピンの特別投資家ビザは5万ドルの預金を半年間することで移住権を得られるそうです。そのあとはそのお金は自由につかってよいとのこと。フィリピンは日本の物価の約5分の1だそうです。ただ治安が不安なので語学でハンディキャップがあってはまずいなあと思っております。ちょっとリサーチに行ってみようかと。

No title

フィリピンですかあ・・・
治安が悪いと言う印象を私も持っています。
物価が安いのは魅力ですが、
身ぐるみはがされては、
と言うか、命を失くしたら、なんにもならないですからねえ・・・
実地調査の結果をぜひ知りたいです(^^)

No title

そこまでひどいとはおもいませんが、たまにテロとかありますからね。ちょっと行ってみようかとは考えています

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。