スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話学校に行く前にやること

中場三十次です。

いろいろと悩みましたが、しばらく英会話学校にはいかず、独学で会話を身につけようと思います。

マレーシアではそうだったのですが、結局ある程度アウトプット能力が高まったのは、独習のおかげだったからです。

具体的にはReStartで文法を復習するとともに、でてくる英文をなるべく覚え、それを学校での会話や、英作文の特訓でアウトプットするという訓練をして、ある程度できるようになったなと考え、帰国したのですが、限界を感じたことも事実です。Re-Startで使われている以上のボキャブラリーや表現が身に付かないからです。

結局、英会話学校に行く効果は、アウトプットの機会と、外国人とのコミュニケーションに慣れるという効果がもっとも大きく、インプットはそうでもありませんでした。

私に足りないのは、日本語→英語をスムーズにするための知識の不足、ボキャブラリーや表現の不足だと考えており、これは自分でやるべきだと判断しました。

私がいいたいことを例をあげて説明すると

たとえば、「これはペンです。」という日本語は、簡単にThis is a pen.と何も考えずに、自然にでてくるわけですが、これは私の独身のおばさんからもらったペンだ。と言いたいときはちょっと考えなくてはなりません。

This is a pen given by my aunt who is not married.となると思いますが、これは過去分詞と関係代名詞の文法の知識がなければ書けません。

英文法の知識がないと、文章に応用が利かないのですが、これはこれで時折復習するとして、私に欠けているものは、This is a pen.のような自然に出てくるべき簡単な表現やボキャブラリーのストックだと自覚しています。

そこで、当面はこのように自然にでてくるべきボキャブラリーや表現を増やすべく、次の本を使って勉強することにしました。付属CDを何度も聞き、ボキャブラリーを増やそうと思います。NHKのこれらの教材には、すぐに会話で使えるような豊富な表現が含まれており、会話文をすべて暗記するくらいのつもりでとりくめば、相当アウトプット能力が高まるのではないかと期待しています。







やはり日本は、マレーシアより教材が豊富で、非常に恵まれた環境です。本屋に行けば、何を買ったらいいのかわからないくらい教材があります。

ある程度自分が納得するまでインプットを増やしてからでも、英会話学校に行くことは遅くはなかろうと考えました。

実はアウトプットの機会は、英会話学校だけではなく、学校よりも格安なプライベートレッスンや、オンライン英会話があるのですが、これはおいおい考えていこうと思います。

ランキングは今何位?
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。