スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早く脱出しないと

中場三十次です。

私が仕事をやめたのは、個人的事情も大きかったですが、どう考えても日本は詰んでいるので、日本にいても報われないだろうと考えたことも大きな理由です。

私に大きな影響を与えている池田信夫先生のブログも私の背中を押した感じです。

彼については批判者も多いのですが、いまのところ、彼のブログ以上の説得力をもった意見に出会ったことがないのです。

今回のブログ記事もなかなか衝撃的な予言であります。

国外脱出するには、1自分の身柄の脱出、2財産の脱出とありますが、今回果たせなかったのは、海外の銀行で口座を作ること。HSBCに口座を持ちたかったのですが、観光ビザでは無理らしいです。

円が強烈に安くなる前に、口座を作り、すこしづつお金を移転していかなくてはと考えています。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

池田信夫先生のブログは私もたまに読んでます。
必ずしも私の関心のあるネタの時だけですけど。

HSBCの口座は結構簡単に作れそうなイメージがあったので、
(ソース不明。オフショア口座の作り方みたいな本に出てたのかなあ?)
観光ビザでは無理らしいと聞いて意外です。
香港でならOKなんだろうか?

と言うか、さっそくググってみたら、香港はもちろん、日本でも作れそうですよ。

No title

HSBCの口座は日本でも作れるんですか?知らなかったです。
でも、海外証券会社の決済口座として認めてくれるんでしょうか?支店ならOKなんでしょうが、日本の現地法人なら難しい可能性がありますね。シティバンクも日本の法人なので、日本の銀行と変わらず、海外の証券会社に口座を開こうとした場合、決済用口座として認められないようです

No title

http://www.hsbc.co.jp/1/2/hsbc-premier-jp/hsbc-premier-experience/worldwide-assistance/banking_and_investing_overseas

コレを見ると、出来そうな気がするんですが、
どうなんでしょ?

No title

HSBCの日本支店に口座を持っていて一定の基準を満たした人に、海外口座開設の手助けをしますよ。という風に読めます。ということは、日本の口座がそのまま海外の決済用口座とはならないとも読めますね。

No title

そんな感じですね。
ただ、日本で手助けしてもらって、海外口座を作ればよいのかな?と。
ただですねえ・・・
支店を見てみたら、近くにないみたいなんですよねえ・・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。