スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不動産】マンション、一戸建ての割高・割安を測定する方法

中場三十次です。

最近、生まれて初めての大きな買い物をしました。マンションです。

といっても大した金額ではないですが。

それにしても不動産を買うのは難しいですね。自分が生活した経験でしか判断できないし、株などのように一物一価の世界ではないので、どの程度の金額が妥当なのか、測定するのが難しいです。

不動産屋さんに聞いたのですが、値段は周囲の価格や物件のグレードなどがもちろん決定要因になりますが、売主の事情もあるようです。たとえばローンで購入しており、ローンを返済できる金額でないと売りたくなく、それが価格に反映してしまうというような場合です。

私の場合は、住居用として購入し、以前に住んでいた賃貸の家よりも格段に環境がよいので納得していますが、投資用で購入する場合に、資産価値としてどうなのかというのは気になるところでしょう。

さて、それを無料で解決できる方法になるんじゃないかなと思ったのが、火災保険の見積もりです。

たとえば、セゾン自動車火災保険の「じぶんでえらべる火災保険」の中で見積もりがあります。

見積もり計算中、不動産の販売用資料をもとに数値を計算すると、この保険会社が不動産を評価する場合には、この金額ですよ。という金額を教えてくれます。

保険に入ることが目的ではないので、保険の条件は適当でいいです。

変な話ですが、家を買う前に、その家の火災保険料の見積もりをし、その副産物として家の評価金額を計算してもらうのです。

おおざっぱにいって、保険会社の保険料は、保険金の原価+手数料です。保険金の原価は、大半の保険会社で同じ金額です。

不動産の評価額は保険金の原価にあたるので、その不動産の評価金額は、大半の保険会社が評価する金額だということになります。

どういう算出方法なのかはわかりませんが、公示地価などや物件の構造などをもとに計算しているのでしょう。いずれにせよ、かなり客観的な評価金額が得られるというわけです。

投資用不動産を購入する場合にこれは使えそうです。たとえば、家賃の利回りや立地、建築年数などで甲乙つけがたい複数の物件にであったとき、評価金額を計算してみます。

そのとき、安い金額の物件のほうが、割安な物件ということになります。あるいは、売主との価格交渉の時などでも使えそうですよね。

さて、私の場合ですが、幸運にもこの見積もり金額よりも安く買うことができていました。

素人考えで思いついたのですが、これは方法として使えますでしょうか?不動産に詳しい方、コメントで教えていただけるとうれしいです。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ








スポンサーサイト

コメント

No title

私も素人なので、このやり方が正しいのかどうかわかりませんが、
一定の目安にはなりそうですね。
簡便な金融機関による担保査定みたいな感じで。

疑問なのですが、日本を脱出されて、今マレーシア在住なんですよね?
なぜに居住用不動産を購入されたんですか?

No title

>40歳無職さん

ご質問の件は、ビザの関係です。正当な方法なら観光ビザならマレーシアでは1年のうち半年しかいられません。それも3カ月後には1回出国して(シンガポールまでバスで900円くらいです)また入国するということをしなければならないようです。また、ネットバンキングやネット証券を使う関係から日本に住民票がないと口座がクローズされてしまいます。家を買ったのはご存じのとおり、賃貸住宅は無職者には厳しいですよね。そこで福岡に安いマンションを買って引っ越しました。福岡のほうがアジアに近く便利ですし、本格的に移住するとき、自分の所有物なら売却すればいいので

No title

>>ネットバンキングやネット証券を使う関係から日本に住民票がないと
>>口座がクローズされてしまいます。
それは知りませんでした。

>>賃貸住宅は無職者には厳しいですよね。
確かに。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。