スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】一人起業完全マニュアル

中場三十次です。

私の立場は、自由業ということになります。

会社にいたら考えなくてもいいようなことでも組織を離れると、なんでも自分で調べなければいけません。たとえば、社会保険のこと、税金のことです。

私の場合、配当で生活できるめどがたったので会社をやめましたが、確定申告がきっかけで、上で述べたことに気付きました。

株はずっとやってきたのですが、特定口座の取引だけだったので確定申告はしたことがありませんでした。昨年、本格的に信用取引を一般口座で行うようになり、申告の時になってあわてました。

私の取引手法は、長期投資ではなく短期売買で、長くても2週間程度で手じまう取引だったので取引件数が半端ではなく、集計段階から一苦労だったのです。

税理士に相談しようと思いましたが、2つの事務所に聞いてみたところ、自分でやれと言わんばかりの対応でした。1つめの事務所は問い合わせも無視されましたし。証券会社からの紹介にも関わらずです。手数料も7万円くらいかかると言われました。

税理士は株式投資の申告書作成を嫌がることもはじめて知りました。

しかし、今は自分でやってみてよかったです。ノウハウも身につきましたし、何より、税に関する知識の必要性に気付いたからです。

さて、話を戻しますが、フリーになるということは、基本的になんでも自分で調べなければなりません。

そこで、フリーになるうえで必要な知識がコンパクトにまとまった本がないか探したところ、この「一人起業完全マニュアル」が見つかりました。




表現は冗長で、中身のない文章も目立ちますが、最低限、これだけは知っておかなければならないということは網羅されていると思います。

ただし、この本に書かれていることぐらいは知らないと損をするとも思います。税金や社会保険についてはもう少し詳しい内容の本を読んだほうがいいかもしれません。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。