スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアの危険な話し

中場三十次です。

クラスメートの中国人の娘が、いつもにまして落ち着かなく、さらにうかない顔をしていましたので何事だろうと思っていたら、カバンに入れていたパスポートを盗まれたとのこと。携帯電話はがんがんなっているし、なんか封筒にはいった紙を見ていたので気になっていたのですが。

この娘、ちょっと天然なのですが、かわいそうだなと思い、警察いったかとか聞いてみたら、行ったとのこと。

ただ、海外でパスポート持ち歩くなんて、ちょっとうかつでしょう。パスポートの現物なんてほとんど使わないので、コピーを持ち歩けば十分です。

という話しが授業で話題になったのですが、先生いわく、マレーシアはまったく安全な国ではないので気をつけろとのこと。昔教えていた生徒で、中国人の女性に日本語を教えてあげたら、お礼に食事をごちそうするからと言って車に乗っていった人がいるとのこと。

まちがっても、初対面の外人、ましてや向こうから話しかけてくるような人の車に乗ってはいけません。

手口は、日本にいる妹から日本語の手紙が来たが、わからないので教えてくれと頼まれる。教えてあげるとお礼にさそわれる。行ったら、食事の準備のためといって外出され、代わりに別人が登場。トランプでかけごとをやっているうちに最初は勝たせてくれるが、そのうち大金がかかり、結局すべて巻き上げられる。

非常に古典的な手口であります。

外人だけではなく、現地人の被害もあるそうで、振り込め詐欺みたいな手口で、先生の友達もやられたとのこと。
手口も巧妙化してきているのは日本も同様ですね。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。