スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税論争に思う

中場三十次です。

今日は、日本の読売新聞を集中的によむ機会がありましたので、ずっと読んでおりました。どうしても情報弱者になりますが、選挙を控えて案外、消費税増税は大きなテーマになっているんですね。

さて、民主党も自民党も消費税増税スタンスです。私もやむをえないだろうなあとは思っておりますが、その前に政府の仕事で民間でもできるような仕事はないんでしょうか?民主党が与党である限り難しいとは思いますけども。

それでも消費税はいずれ上がるでしょう。政府支出の6割が社会保障関連なのです。消費税をあげることは世代間不公平の削減につながるのでいいとは思います。新聞にも書いていましたが、赤字国債で社会保障をまかなっているのであれば、これは年よりが孫の世代に扶養してもらっているのと同じです。

と思っていたのですが、考えてみれば、私は今の不労所得生活を続けるのなら、立場はむしろ高齢者の立場です。年金生活をしているようなものですから。

消費税はもとより、税金は苦々しく思っています。配当収入以外の収入しかないのですから税金があがることは、即生活に響きます。今は給与所得がないので消費税アレルギーを高齢者がもつのもわからないではありません。

とはいえ、日本の累積債務はGDPのほぼ2倍です。これはジンバブエの次ぎに悪いと記憶しております。

私は税金があがるのは、すでに所与の条件だと思っていますが、懸念しているのは、消費税上げによる円高期待が起こることです。

よく知られていることですが、国債は国内の貯蓄で賄われているので、累積債務/GDPの指標は確かに悪いのですが、対外債務/GDPは実はたいしたことがない。これが低金利の要因だったり、円高の要因だったりするのですが、
消費税上げによる財政健全化期待が生じると少なくとも財政悪化の不信任はおこりにくくなるはずです。となると、円は安全資産として買われるということになります。

今、世界中の政府が借金をして、さらに対外債務に頼っているのですが、対外債務に依存していない日本で財政健全化の動きが強まると相対的に円が買われやしないか。ということです。

こうなると、現在の私のポートフォリオも多大な影響をこうむるわけです。今、私のポートは含み損状態で、分配金が入るたびに簿価がとけているのを若干の恐怖と不快感をもって眺めているわけですが、超円高が定着すると、回復できないほどの打撃をポートフォリオが受けないとも限りません。

消費税論争は、注目してみていなければならないテーマだと思っています。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

私も金利生活者ですから、増税は厳しいのですけど、
消費税を上げるな!という主張については、
むしろ苦々しく思っています。
私は今までの税金が給付などに比べて安すぎたために、
国の財政が傾いたと思っているからです。
無駄がまったくなかったとか、公務員の給与を減らすべきではない、
と考えている訳ではないですが、それらを是正しても足りないと思っています。
ですので、増税はある程度やむなし、と考えて、
生涯収支シュミレーションに織り込んでいます。

増税と為替については、長くなったので、自分のブログに書くことにします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。