スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量の表現

中場三十次です。

文法のクラスが変更され、昨日はおとなしくしておりましたが、今日は人数が少なかったこともあり、わりと先生とコミュニケーションがとれました。

今日のテーマは、量の表現です。

・a great deal of, a huge amount of
どちらも非常に大きいという表現ですが、後者のほうが、前者より量的に大きいです。前者の表現は知りませんでした。なお、a great deal of は a great amount ofと同じ意味です。

・very little = hardly any
ほとんどないという表現。後者の表現は知りませんでした。

・several と some
ほぼ同じ意味だが、前者が可算名詞だけなのに対し、後者は可算名詞、不可算名詞のいずれもOK。なお、可算名詞のときはseveralのほうが自然

・allとevery
ほぼ同じ意味だが、後者は単数で使う。

・コーヒーは不可算名詞か?
日本の学校英語では、a cup of coffeeでなくてはなりませんが、欧米人は、2 coffeesとか普通に使うそうです。むしろ、a cup of を使うほうが不自然な感じがするとのこと。

・none と nothing
noneは量や、数として使う、nothingはemptyであることを表現したいときに使う。
ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。