スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自習用の本(2)

中場三十次です。

英文法はRe-startで網羅的に勉強し、ある程度基本を思い出しなおしたと判断したので、腕試しに、英作文の練習問題を買ってみました。



普通の英作文の本だと、だいたい名詞、形容詞、時制、受動態、現在完了、関係代名詞・・・など、文法がトピックごとに整理され、順番にでてきます。(そして途中で挫折してしまうことが多い。)

この本は、あらゆる文法トピックが順番に関係なくでてきます。文法レベルは中学3年生程度までのレベルだと書いてあり、その通りだと思いますが、「瞬間的」にいいたいことを英文にするトレーニングとしてはいい本だと思いました。

当たり前ですが、会話や作文をつくるときなど、文法はトピックごとにでてくるのではなく、関係代名詞を使わなければならない時もあれば、本当に簡単な英語ですむときもあるからです。

そういう意味では腕試しとしては最適だと思い、実際にやってみて、全体の半分ほどやってみました。7割から8割の正答率で、構文的にはほとんど間違ってなかったので自信がもてました。

ただ、やはり、英文法は一回全体を網羅的にやってみる必要はあると思います。これがしっかりしていないと、作文や会話はできないと思いました。

そういう意味では、日本の英語教育も捨てたものではないなと思います。やはり、大昔ですが勉強した英語が、わずかな復習でよみがえります。一から英文法をやっていてはなかなか会話などもスムーズにできないでしょう。

この本に不満があるとすれば、解説が不親切なことです。本当に必要最低限のことしか書いていないので、文法の詳しい解説書は必要でしょう。ある程度文法をマスターしていることが前提の本だと思います。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。