スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアの観光事情

中場三十次です。引き続き、この本を読んでいます。観光事情について読みました。

マレーシアは、位置的には東南アジアの中心にあり、インドネシアやタイ、シンガポールといった大国に囲まれ、さらに中国、インドもそれほど遠いところにあるわけではありません。

古くから海上交通の要衝であり、自然に恵まれ、さらに人々は英語をしゃべり、親切な民族性です。

こういうことから、独立当初はあまり注目された産業ではなかったですが、近年では、観光産業は製造業についで2番目にGDPに貢献するセクターとなりました。

これを可能にしたのは、政府の観光に力を入れるという政策と、道路や空港などのインフラ整備、エアアジアなどローコストキャリアの貢献が大きいとのことです。

航空産業なんて日本のように人口、経済規模とも大きい国でもナショナルフラッグである日本航空が破たんするような難しい産業なのに、マレーシアは日本以上に航空会社があり、これは過当競争だろうと思っておりましたが、この国における観光産業の存在感を知って、納得しました。

観光は、地理的条件がよければいくらでも開発が利く産業なので、これからも成長するセクターだと思います。たとえば医療を発達させて医療ツーリズムを展開するとか、高等教育を発展させてアメリカのように多くの留学生を受け入れるとか今まで答えてこなかった需要を開発することができると思います。

そういう意味ではマレーシアは立地に恵まれています。たとえばインドや中東からの観光客はマレーシアにとどまらず、その後シンガポールにいったりフィリピンに行ったりということもできるのです。

日本はこれから成長するであろうアジアからあまりにも東にあり、そういう意味では国際観光客の呼び込みというのは難しい位置にあるのかもしれません。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。