スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Malaysia At50&Beyond

中場三十次です。

マレーシアにいるうちに、マレーシアの社会について知っておきたいので、この本を読み始めました。独立50周年を迎えたので、マレーシア社会の様々な事情、農業や通信、観光、都市化などの事情につき整理し、今後の展望を探るというような内容です。

50周年記念

今日は1章から3章まで、環境問題、農業、観光についての内容でした。

環境問題については、マレーシアも他の国と同様、環境問題に取り組んでいますよ。という内容でした。

農業については、独立当初は産業の中心で、特にゴムが農業の中心であったが、近年はパームオイルなどに産物も多角化し、生産性を高めるべく、補助金などでてこいれしてきたこと。

産業構造の進展のため、農業から他の産業に労働力が移動し、輸出用作物では、移民労働者に頼りつつあること。なお、米などの食糧よりも輸出用作物のほうが作付面積は大きく、特にパームオイルの生産量が最大であること。

食糧の自給は安全保障にもかかわることなので、自給率を高める努力はしているが、なかなか難しい状況であること。

近年の小売の巨大化は、農業に効率的な生産をもとめ、零細農家は圧力を受けていること。

などが主な内容でした。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。