スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東南アジアとイスラム教


中場三十次です。

ようやく、Comtemporary SouthEast Asiaを読み終えました。といってもかなり流し読みですが、

今日はアセアン形成の意味と、イスラム教と東南アジアの関係、東南アジアの防衛問題についてです。

アセアン形成の意味は、ひとつひとつの国では、中国や日本、アメリカなどのスーパーパワーに対抗できないことです。

イスラム教は、インドネシアとマレーシア、タイの南部、フィリピンなどに広まっていますが、東南アジア諸国にとってはそれほど、大きな意味をもおつ宗教ではなかったようです。インドネシアは国民の8割がイスラム教徒ですが、政府はどちらかというと抑制的な政策をとってきました。

マレーシアがもっとも上手にイスラム教徒をとりこみ、イスラム教徒から有力政治家も輩出してきています。さらにマハティールは、イスラム教を国教と定め、モスクの建設やイスラム大学の建設などでイスラム教を振興しています。これはある意味、イスラム金融やハラル食品の振興など、経済的な目的の意味も大きいでしょう。

イスラム教というと、アルカイダなどで危険な印象がもたれがちですが、過激なイスラム教徒が多いのは、南アジア、中東にかけてであり、東南アジアのイスラム教はマイルドなもののようです。

とはいえ、フィリピンなどではテロもおこっており、それなりにセンシティブな問題もはらんでいるようです。

正直、マレーシアに来てあまりイスラム教国という感じがしません。イスラム教を意識するのは、たまにモスクなどを見かけるときですが、中国系やインド系も多いので、コーランを唱える声が聞こえるとかそんなこともないです。

学校の先生はインド系の女性で、衣装もサリーっぽいのをたまにきているのでひょっとしたらイスラム教徒かと思ったのですが、酒が大好きということなので、どうやらイスラム教徒ではなさそうです。

ランキングはいま何位?
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。