スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア人に見透かされている日本の英語教育の欠陥

中場三十次です。

今日の授業では、先生からなかなか面白いことが聞かれました。

私たちは日本人が文法が得意なのは知っている。けれど会話ができないのも知っている。と

確かにそう思います。中学高校大学と都合12年間英語を勉強しているのに、なぜかみな英語を話すことができない。

しかし、これはマレーシアのようにイギリスの植民地にならなかったということも関係があると思います。タイ人だって英語はそれほどしゃべれないはずです。私が旅行したときは、現地人で英語を流暢にはなす人は、商売やっている人かさまなければ怪しい人でした。

さて、私はだいぶ英語を話すことになれてきました。受けを狙って話す内容でも笑いがとれるようになってきました。

とはいっても本当に簡単な英語でしかしゃべられないことと、圧倒的に語彙は不足しています。特に話すときにそれが顕著です。読める単語と、話せる単語のギャップを埋めることが今の課題だと認識しています。

ランキングはいま何位?
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。