スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラヤ大学MBAの授業時間

中場三十次です。

前回、マレーシア技術大学の授業時間は土曜日と日曜日に集中していると書きましたが、マラヤ大学にも質問してみたところ、回答がありました。

ウイークデイ。ただし、午後6時30分~午後9時30分

どうりで授業料が安いはずです。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

大学選定基準

中場三十次です。

次に進学したい大学院を決めなければなりませんが、私はすでに一度経営学修士を日本の大学でとりましたので、教科書も邦訳とはいえ、勉強しましたので別に海外の大学にいってもそれほど大きく違うことを学ぶとは考えておりません。

ただし、英語で同じ内容を勉強することには意味があると思っています。まあ高価なビジネス英会話学校に行くような気もちです。もちろん、レポートを書いたりディスカッションする過程で英語はさらに実践的に学べるでしょう。

もうひとつはコネクションづくりです。

このサイトで研究しようと思っていますが、今のところの選択基準は

①英語で教育が提供されていること
②生活が許容できる範囲でかつ生活コストが安いこと

となります。そういう意味では、中国、台湾、ベトナム、タイ、マレーシアが対象になってきます。

しかし、このサイトみてて思ったんですが、アジアの大学で英語のMBAが小数派の国って日本くらいですね。大学も少子化で留学生をこれからどんどん呼び込まなければだめだと思うんですが、これからも低成長すると予想される国の言語をわざわざ勉強しにくる学生なんているんでしょうかね。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村









マレーシア技術大学のキャンパスに行ってみました

中場三十次です。

前回の記事で、マレーシア技術大学のMBAの校舎を訪問したことは書きましたが、その時は国民の休日で、残念ながらしまっておりました。

今回改めて、いきなおしました。モノレールに乗って、チョウキットという駅でおり、前回は歩きましたが、今回はタクシーで行きました。

行ってみると、キャンパスはやっておりましたが、授業をやっている感じがありません。マレーシアは7月と12月が新学期が始まる季節で、今は夏休みなんでしょう。

オフィスに行くと、学生がひとりおりました。どこから来たのかと聞いてみると、イランからとのことです。

ここの大学のホームページで、インターナショナルをみると、イスラム教国が多いことがわかります。マレーシアはイスラム教の国の中では先進国なので、こういった国からの留学生が多いのでしょう。

さて、スタッフが対応してくれたので、パンフレットをもらっていろいろと聞いてみました。
カリキュラムが技術系の大学らしく、テクノロジーマネジメントとか、ITマネジメントとか、文系の私にはとてもハードルが高そうです。

出願要件は確認した通りですが、企業から在籍した証明をとることとのことです。

一番驚いたのは、フルタイムといいつつ、実は土曜日と日曜日しか授業がありません。日本やアメリカでフルタイムといったらウイークデイはすべて授業ということなんですが、働きながら勉強する学生が多いからとのことです。ではパートタイムとの違いはなんだというと、フルタイムのほうが授業密度がこく、そのため、1年と半年で卒業できる、パートタイムは2年間。とのことです。まあ、論文は書かないですし、こんなものなのかもしれません。

うーん、いいことを聞きました。受験校を選ぶ際に、これは重要なポイントです。私としては留学するならウイークデイはみっちりと授業というのを希望していますので。出願する前に確認すべきポイントです。どうりで授業料が安いはずです。

授業の見学はOKかと聞いてみたらOKとのこと、学校が始まるのは7月10日からなのでそのころ来てくださいとのことです。帰国予定と重なってしまいます。

帰りに、2人の学生に出会いました。色黒と色白。日本人が珍しいのでしょう、色黒のほうから握手を求められ、握手したところ、I'm from Iraq とのことでした。

イランとイラクなんて仲が悪そうな印象なのですが、ここでは仲良く勉強しているようです。イラク人と握手なんてなかなか得難い経験をしました。自衛隊の人ならやってそうですが。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村




忘れないように第一志望を書いておきます

中場三十次です。

忘れないように、第一志望の大学と今後のスケジュールを書いておきます。

第一志望の大学は、City university of Hongkongです。


国際的な認証を受けており、期間は1年間で、香港の大学の割には、値段もリーズナブル。(とはいえ2百万円近い)

ただ、1年という期間の短さは魅力な半面、まともに力がつくのかという不安もあります。

そういう意味では生活費も学費も安いマレーシアの大学も案外いいかもしれないと思います。地元の人に聞くと、否定する人も多いですが。

英語の勉強を続けてからでもと思いましたが、12月が受験書類受付なので、それまでにIELTSなどの点数を満たしておかなければならないです。

そこで、

7月下旬帰国

日本で英会話学校に通いつつ、試験対策をやる。

11月にはIELTS受験。少なくともこの時までに2回は受験しておきたい。

12月にアプライ

というスケジュール感でしょうか。案外時間がありません。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。